特定の彼女を作らない男性へのツラい片思いをやめる方法

特定の彼女を作らない男性へのツラい片思いをやめる方法 傷つく恋愛からの卒業
上田あゆみ
上田あゆみ
こんにちは、上田あゆみです。
男運ゼロでも幸せな結婚に導く婚活カウンセラーをしています。

本日も、ツラい片思いに悩むオトナ女子からのご質問にお答えしたいと思います。

特定の彼女を作らない男性へのツラい片思いをやめたいのに、諦められずに苦しんでいる方からのご相談です。

ご相談者様
ご相談者様

会社の飲み会で知り合った男性に片思いをしています。

 

その彼とは一年前に出会い、何度か2人で会うようになり、体の関係もあります。

 

私は彼と付き合いたいと思っているのですが、彼はそうは思っていないみたいで、私の気持ちを知ってからは徐々に距離をおかれてしまいました。

 

会いたいと誘ってみても、仕事が忙しいだのなんだかんだ理由をつけて断られることが続いて、今ではLINEのやり取りもあまりできません。

 

彼のことをよく知る友人いわく、彼は特定の彼女を作らないタイプらしいです。

 

私から見ても彼は仕事や趣味を優先している感じで、そんな彼にもし彼女ができたら、よほど魅力的で大好きな女性なのではないかと思います。

 

このまま彼を好きでいても、脈もないし、苦しいし、いい加減この人のことは忘れて別な人を探した方がいいと頭では分かっています。しかし、諦めることができません。

 

婚活や、友達に紹介された人と会ったりしてみても、「やっぱり彼がいい!彼じゃなきゃ嫌だ!」と思ってしまうのです。

 

どうしたら彼のことを諦められるのでしょうか?

彼のことを忘れたのに、忘れられなくて苦しんでいるのですね。

このように、頭ではやめたほうがいいと分かっているのに、心が彼を求めてしまい、苦しい片思いに悩んでいる女性は少なくはありません。

今回の記事では、特定の彼女を作らない男性への片思いをやめる方法についてお伝えします。

苦しいのに「やっぱり彼がいい!」と彼を求めてしまう驚きの心理

脈がないのに彼を思い続けているときって、惨めな気持ちになって情けなくなったり、その人のことでメンタルが不安定になる自分が嫌になったりして、とても辛いですよね。

私にも経験があるので、よく分かります。

彼の言葉や態度、状況に悩み、なんだか、毎日毎日その人に失恋しているみたいで苦しくなる。

このままじゃいけないと、友達に紹介された男性と会ってみたり、婚活をしたりと、何とかして抜け出そうと行動しているのに、なぜか心が彼を求めてしまうんですよね。

頭ではやめたほうがいいと分かっているのに、心が彼を求めてしまうときって、理由があります。

心のどこかで自分自身のことを「私には価値がない」と思っているからです。

「私には価値がない」と強く思っている女性ほど、自分で自分の価値を認められなくなります。

周りと比べては、自分はダメだと思ったり、あの子よりも劣っていると感じたり。

常日頃、自分に対してネガティブなことを感じてしまいます。

けれども、「私には価値がない」をずっと感じているのは苦しいものです。

すると、どうすると思いますか?

自分以外の誰かに、自分の価値を認めてほしくなります。

誰かに認められることで、自分の価値を証明して、安心したいという気持ちが働くからです。

そして、このご相談者様の場合、自分の価値を証明するには、目の前にいる特定の彼女を作らないタイプであるその彼がうってつけなのです。

なぜなら、彼に振り向いてもらうことで、自分に価値があることを証明できるからです。

ご相談者様
ご相談者様

彼のことをよく知る友人いわく、彼は特定の彼女を作らないタイプらしいです。

 

私から見ても彼は仕事や趣味を優先している感じで、そんな彼にもし彼女ができたら、よほど魅力的で大好きな女性なのではないかと思います。

ご相談者様は、このようにおっしゃっています。

ここから読み取れることは、「特定の彼女を作らないタイプの彼なのに、私を選んでくれた」ということに、大きなメリットを感じている可能性があるということです。

特定の彼女を作らないタイプの彼が私を選んでくれたら、私はとても魅力的な女性であることが証明できる。

特定の彼女を作らないタイプの彼が私を選んでくれたら、私は愛される女性であることが証明できる。

つまり、特定の彼女を作らないタイプの彼なのに、そんな彼が私を選んでくれたら、それだけ私は価値があるってことだし、“価値のある私”を感じられるということ。

ここに大きなメリットを感じていると、「価値のある私」をいちばん感じることができるのはこの彼になります。

友達に男性を紹介されても、婚活をして新しい出会いがあっても、「価値のある私」をいちばん感じることができるのはこの彼なので、他の男性と出会っても、「やっぱり彼がいい!彼じゃなきゃ嫌だ!」と、彼のことを求めてしまうのです。

このご相談者様は、対象が特定の彼女を作らないタイプの男性でしたが、「私には価値がない」が強いと、彼女持ちの男性や、既婚者の男性、他に複数の女性がいるような男性など、越えなければいけないハードルがあるような人を好きになるというパターンで、恋愛のクセが出ることもあります。

自分を大切にできていない人がする恋愛=辛い片思い

「自分に価値がない」が強くなっているときって、自分のことを大切にすることができていません。

そして、自分を大切にできていないときに、傷つくことになりそうな人を好きになっては、ツラい片思いにハマりやすいです。

彼が特定の彼女を作らないタイプの男性だと知ったのは、体の関係を持った後や、彼を好きになった後だったかもしれません。

けれども、もしここで自分を大切にできていたら、どんな行動を取ると思いますか?

彼がそういうタイプの男性だと知ったときに、彼からスパッと離れることができます。

「私は相手と真剣に向き合っていきたい人だから、人と真剣に向き合おうとしないこの男性とは離れよう」

「私は相手と真剣に向き合っていきたい人だから、私と同じように真剣に向き合ってくれる人を選ぼう」

など、こんなふうに自分を大切にできていれば、自分を守りながら、自分に相応しい男性と恋愛を進めていくことができます。

けれども、自分を大切にできてきていないと、自分を大切にする行動や判断ができなかったり、不適切な方法で自分の価値を証明し、自分を喜ばせようとしてしまいます。

このご相談のケースなら、「特定の彼女を作らないタイプの彼に選ばれることで、自分の価値を証明しよう」という心理が働きます。

ツラい片思いをしているときに心が本当に求めているもの

今あなたは、心が彼を求めてしまい、離れられなくて苦しいと思っているかもしれません。

けれども、あなたの心が本当に求めているのは彼ではありません。

あなたの心が本当に求めているのは、自分のことを大切にしたくなるくらいに「私には価値がある」と、思えるようになることです。

そして、「私には価値がある」と思うことは、そのツラい片思いを選ばなくても、彼に選ばれなくてもできることなのですよ。

幸せな恋愛は「恋愛が始まる前」に決まる!

誰でも、幸せな恋愛がしたいと願いますよね。

実は、幸せな恋愛というのは、「恋愛が始まる前」に決まってしまいます。

もし、今の彼からどうにかして離れられたとしても、傷つくことになりそうな人に惹かれてしまう心のクセを手放しておかないと、また同じような男性を好きになってしまいます。

自分を好きになってくれるやさしい人や、誠実な男性には興味が持てず、なぜかまた傷つくことになりそうな人に惹かれれしまい、ツラくて惨めな片思いをすることになってしまうのです。

「いい人だけど、ときめかないし、男として見れないわ~」という感じで、ことごとくスルーしてしまうのですね。

選ぶ男性を間違えてしまうと、人生真っ逆さま。なんてことになりかねません。

たとえその彼とお付き合いができたとしても、彼のことで心配事が絶えなかったり、会っていないときに胸が張り裂けそうな不安感に襲われていれば、精神的なダメージを受け続けることになります。

自尊心を奪っていくような恋愛になってしまったら、自信がなくなり、仕事や彼以外の人間関係にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

だからこそ、付き合う前や、彼氏がいないときこそ、その心のクセを手放して、これまでの恋愛パターンを変え、幸せになる準備を整えておく必要があるのですね。

心のクセを手放せたとき、自分が傷つくツラい片思い人生からも脱却することができます。

自分を大切にしてくれる人を選べるようになります

そしてこれからのあなたは、あなたを本当に大切に愛してくれる男性と、恋愛・結婚することができるのです。

本当に大事な人に出会うためにも、今のうちにその心のクセを手放しておきましょう。

心のクセを手放して、これまでの苦しい恋愛パターンを解消する方法は、こちらでも詳しくお伝えしています。

タイトルとURLをコピーしました